『生き活き講座』(さくらの里)を開催しました。

2018年7月31日

平成30年7月18日(水)に太刀野山「さくらの里」にお伺いして、利用者のみなさんを対象に「生き活き講座」を開催しました。
 今回は、住友院長から「熱中症」と題し、”頭痛、めまい、大量の汗、吐き気”など熱中症の症状について、そして”暑さを避け、こまめに水分を摂る”など、その予防について、また、熱中症が疑われる人を見かけたときの対応についてお話をしました。参加者からは、「良い勉強になりました」「こまめに水分を摂ります」などのご意見がありました。
 今年は特に暑い日が続いています。体調の変化に気をつけて、熱中症を予防しましょう。参加者の皆さま、ご参加誠にありがとうございました。
 今後も住民の皆様が健康管理を考えるきっかけや元気に過ごせるようお手伝いをしたいと思っています。

医学教育センター

生き活き講座の様子1(H30.7.18)