救急科

県西部における救急医療の拠点病院として、平成17年に「地域救命救急センター」の指定を受け、 より質の高い医療サービスを24時間提供できるよう努めています。
 また、平成26年夏には、屋上へリポートが完成し、ERからヘリポートを基軸とする救急体制が確立、 プライマリーケアからドクターヘリ等による緊急搬送患者の治療までを総合的に実施します。