安全管理について

医療安全管理の目標は、医療事故を未然に防止することです。
 そのためには、組織として、良質な医療の提供で安全性を確保していくための安全管理システムの構築が必要で、

  1. 医療安全管理指針
  2. 医療安全対策マニュアル
  3. 医療安全に関した諸規程

を作成して、周知を図っています。

そして、医療従事者個人の患者の安全確保に向けた不断の努力が必須であり、 河野 龍太郎自治医科大学名誉教授の「個人として実行可能なエラー対策」を勧めています。

医療安全管理の目標

医療事故の未然防止

良質な医療の提供で安全性を確保していくための安全管理システムの構築(組織)
  1. 医療安全管理指針
  2. 医療安全対策マニュアル
  3. 医療安全に関した諸規程
sec_safety_safety_01.png
医療従事者の患者の安全確保に向けた不断の努力(個人)

個人として実行可能なエラー対策

(平成22年度医療安全に関するワークショップ)

  1. まず、挨拶
  2. 使ったら元にもどす
  3. 手順からの逸脱は極めて危険
  4. 指差し呼称
  5. おかしいと思ったらストップ
  6. 分からないことはやるな
  7. なぜ、なぜ、と考えよ
  8. 記憶(キオク)より記録(キロク)
  9. 先輩に影響されずにしっかりやれ
  10. 自己管理
  11. 仕事のトリアージ
  12. 人の失敗から学べ


自治医科大学
名誉教授 河野 龍太郎